2014年03月22日

リーダーシップの作り方

[リーダーシップとは]




自己の理念や価値観に基づいて、魅力ある目標を設定し、またその実現体制を構築し、人々の意欲を高め成長させながら、課題や障害を解決する行動。


ではさっそくリーダーシップの作り方について15項目にわたってご説明します。



1、まずは全ての人、企業の最終目的である「幸せ」の定義を理解する。


多くの人、企業は、最終目的である「幸せ」に付いての定義を持っていないのが現実です。

 


幸せとはまず生きること、そして外面的な幸せとは生きた上で、お金を自由と健康が必要なだけ得られることで幸せと感じます。

しかし恒常的になればそれだけでは物足りなくなり、次ぎに家族や仲間との絆が欲しくなり、それを得ることで幸せ感は感じます。


 

それがまた恒常的になれば次なる高い欲求が頭をもたげてきます。

社会に対する地位、それによって得られる責任感、他人に認められたいという自己顕示欲、「認められない」からの開放(コンプレックスの解消)などです。


奉仕活動や仕事での目標達成もこのステージの満足ですから高い幸せ感を醸成します。


 

それら4ステージが達成できると、次は人間の最高位の欲求である自己成長(自己実現)すなわち新たな発見、出会い、気付きによる成長が欲しくなります。


このステージは高い対価を伴いますがそれらを支払っても満足したい、より幸せ感のある事項です。


例えば高い対価を支払って旅行にいくのは「新たな発見、出会い、気付き」に対する対価です。


また、高い授業料を支払って大学やセミナーに参加するのも自分に新たな能力を身に付けたいという自己成長願望なのです。


料理店においても寿司屋ではカウンターとテーブルでは満足度が違いますし、高い店はテーブルを置かないのも、職人によるワザや会話がないと「自己成長」を促せないからです。

 


これらの5つのステージの中の個々の要素はしばしば欠けることがあり、それをメンテナンスしながら満たされると幸せを感じるようになります。


ときどき、頭が痛いとか、お金に不自由したとき、それが解決されると「幸せ」と感じるのはそのためです。

これが外的幸せです。

 

対して内面的な幸せは自己の精進により、または他力本願によって得られる「自分は何者でもなく、外的要因に左右されることなく常に幸せ」という悟りを得て幸せを感じます。

 

この2方向の幸せを「幸せ」とハートトゥハートマーケティングでは定義します。



【関連する記事】
posted by 松本和彦 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品計画・コンセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

ハロー効果(後光効果)

立地選択において、もしその物件の近くにコンビニとかファストフードとかがたくさんある通りだったら・・・

中、高級店は出してはいけない、


なぜなら、周りの店の影響がもろに出て、「安い店」という雰囲気が出てしまうのが一つ。

周りとく選べて違和感を感じるのが2つ目。

3つ目はそこは便利性が問われるところなのに、美味しさ、心地よさが求められる店は必要
ないから。


この3つの事柄が顧客の無意識に訴えるのです、「間違っている」「おかしい」と。


だから居心地や高級感を持つ店というのは、やはりそれを必要とする人が多いと
ころが一番しっくりくる場所なのです。


そうすると顧客の無意識も「これでいい」と感じる、そうすると価値感が合うのです。
そしてここにしようと思うのです。


これがハロー効果(後光効果)です。

食品 OEM http://izuman.jp/oem/
posted by 松本和彦 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 立地計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

まずは国の機関、政策金融公庫から当たろう

借り入れ計画は、まずはどこに行けばいいのか?そこから始めます。


まず最初は国の金融機関、政策金融公庫に相談してみてください。

ここでは無担保で750万円まで融資してくれるのが一般的です。


とはいっても、すぐに貸してくれるわけではありません。

しっかりとした計画が必要です。用紙は公庫が持っていますのでそれに記入しますが



いつも引っかかるのが、物件についてです。

基本的に物件がほぼ決まっているから貸してほしいというケースで借り入れ申し込みが



発生するようになっています。

したがって物件の仮契約書などが必要です。



ですから、順序として、まずは物件を探し、その物件の仮契約書を持って公庫に行くことに

なりますので、お金が降りるかどうかわからない時点で仮契約をしなくてはならなく、ちょっと

した矛盾がおこります。




計画書戻りますが、実際に、審査官はどこを見るかというと実は本人の「やる気」「知識」「技術」

なのです。



実際お手伝いをしてみると、審査官の主観的な物差しが結構影響します。

「この人は大丈夫か?」というところを見極めるのです。




ここはとにかくしっかりした計画と、「やる気」のほかに飲食業に関する常識的な「知識」

「技術」が必要です。



posted by 松本和彦 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 借り入れ計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

飲食店開業 『敵』の居場所=市場を知る

  
  飲食店開業 における『敵』とは?

  「己を知りて敵を知る」のまず最初は「己を知る」でした。

  次は「敵を知る」です。


  前回は「飲食店の敵はお客様だ」と過激なことを言いました。

  (あくまで比喩です、ご承知おきください)


 
  今回は“敵”の居場所=戦場についてお話しします。
  お客様の居場所=営業範囲ですがおよそ

  
  『移動時間15分以内』


  これがおおよその目安です。


  もちろん客単価によっても違いますし郊外と都会でも違いますが、一応の
  目安です。(客単価が高いほど広い)


  この範囲が地理的市場範囲です。

  
  ここがいわゆる『戦場』となるわけです。


  まずはこの中身を徹底的に調べましょう。

 
  1、競合する店はどこか?

    この場合商品ではなく動機、客層、単価、売上規模で見てください、
    よく商品が同じところだけを競合店だと捉えている経営者が多く、こ
    れは間違いです。

  2、地形の特徴は?

    道路はどこに集まりへ向かっているか、何時にどこが込むか?
    
   

  3、ターゲットとする顧客が居そうな場所はどこか?


  4、どんな企業があるか?


  5、ターゲットが居るところはどんなところか?
    ビルかマンションか一個建てかそれとも工場か。


  6、どんな産業に従事している人が多いか?
    (以上は地域経済総覧に載っています)

  7、どんな特産物があるか?
    (まずそれを使うとウケること間違いナイ)

  8、出身有名人は誰か?


  9、小学校、中学校の行事予定


  10、地域活動の予定・・・祭り、


  
  他にも徹底して調べて一見「しょうもなぃ」と思えることもすべて
  把握しましょう。


  何かつかめます、地域の方、ターゲットに”刺さるコト”が


  私は尾道出身ですが、尾道では映画監督の大林信彦監督の話題を出す
  とみんな飛びついて来ました。

  監督の映画のポスターを貼る、一緒に写真を撮る、関係本を置くなど
  して観光客が思わず「大林監督とお知り合いなんですか?」と聞かれ

  るようにしておくと何かと話題になって人(お客様)の記憶に残り、
  再来店につながるのです。


  「この町は隅から隅まで知っている」という人も、もう一度見直して
  みてください。


  必ず儲けのヒントが見つかるはずです。


  敵を知ること→市場を調査すること。


  本当に大切なことです。

posted by 松本和彦 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業計画1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『敵』とはお客様のこと


  飲食店開業 の『敵』を知る

  「己を知りて敵を知る」のまず最初は「己を知る」でした。
  次は「敵を知る」です。


   
  ところで飲食店経営 開業による『敵』とはいったいな何か知ってますか?

  
  1、競合他店?
  2、お客様の不満足?
  3、それとも自店自身?
 
  私のマーケティング理論における『敵』とは・・・・・


  実は『お客様』なんです。


  「お客様が敵?」


  おそらく大変非常識でしょう、でもこれが真実です。


  経営とはお客様を知らなければならないのです。


  そしてその弱いところを徹底的に攻撃して倒す(顧客)ことをし
  なければならないのです。


  この理論の証明としてここでいい例を紹介しましょう。


  7年前にマクドナルドが「ハンバーガー半額」として45円でハ
  ンバーガーを売り出しました。


  競合のロッテリアやモスバーガーはしばらくの間顧客を奪われ、
  窮地に陥りました。


  マクドナルドは競合他店を叩けば自店にお客様が来ると思ったの
  です。


  その結果一時期お客様が殺到しました。


  「勝った」と思ったのは一瞬でした。


  でもその半年後、どうなったでしょうか?


  競合店も追随し価格競争なり、お互い儲からない泥沼の戦いにな
  りました。


  競合は企業努力もあって、徐々に立ち直り、マクドナルドはその
  収益性の悪さから再び値上げしなければならなくなりました。

 

  マクドナルドは半額にすることで圧倒的集客をし、他のライバル
  を押しのけて一人勝ちしようとしたのですがその目論見は見事に
  打ち砕かれ、逆にピンチに立たされたのです。

 

  これはライバル店を「敵」だと見誤ったからの結果です。
  成長の時期には「敵」はライバル店でもあったかも知れません。

 

  でも成熟した今では「敵」はライバルではなくて「お客様」なの
  です。

 

  現在の社長の原田氏は敵を「お客様の不都合と自社の不勉強」と
  捉え、徹底してお客様の利便性と自社の成長に力を注いでいます。


  これは正解だと思います、まさに敵は「お客様」と「自社怠慢」
  です。


  要するに他社を見て戦略をたてるのではなく、お客様を見て、自
  社を見て「どうやってお客様にメリットを享受し自社の社員に成
  長を与えようかを日々考えている」ということです。


  成熟期の今日、われわれの敵は他店ではないのです、周りの店が
  閉店したからといって自店にお客さまが来るということはほとん
  どありません。


  いかに自店がお客様に対して「より多くのベネフィット(利益)
  をもたらすか?」にかかっているのです。


  ライバル店の位置づけは、敵であるお客様を打ち負かす(顧客に
  する)ことへのライバル=競合なのです。


  ですから“ライバルに先んじてお客様の支持を得る”


  すなわち常にライバル店の一歩先を行く「魅力的な商品、サービ
  ス」の開発が必要なのです。


  あくまでも「敵」はお客様なのです、徹底して調べ上げ、弱みを
  突いてファンにさせるのです。


  ☆ あなたの欲するお客様はどんなタイプですか?どんなことに
    感動しますか?どんなことに涙しますか?

  ☆ ライフスタイルはどうですか?


  ☆ どこにいますか?


  ☆ いつ動きますか?


  ☆ どんな体系(人数、構成)で動きますか?


  ☆ どういう動機で動きますか?

 
  ☆ どんな雑誌を読みますか?


  ☆ どんな服装を好みますか?


  ☆ 情報はどこから仕入れることが多いのですか?


  ☆ 携帯派ですか、それともPC派ですか?


  ☆ 何に興味をもっていますか?


  ☆ ペット好きですか、犬派ですか、それともネコ派ですか?


  まだまだ知りたいことがたくさんあります。


  こうやって特性を調べていけばいままで気づかなかった「敵」
  の弱みが浮かんでくるはずです。


  そこを一気に攻め落とす、これが飲食店経営における顧客獲得作戦です。

 
<a href="http://www.1menu.jp/school.html"><img src="http://www.1menu.jp/school-img/banner_school.jpg" alt="スクール開講" width="504" height="150" border="0"></a>


  

posted by 松本和彦 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業計画1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

飲食店開業 売上計画

【飲食店開業 売上 売上計画】


飲食店開業における売上計画


飲食店開業において、到達する目標がおおよそ見えてきたら
次にすべきことは売上計画を立てることです。

利益はいくら欲しいのか?

そのためにはどのくらいの売上が必要なのか?

いや待てよ、その前に予算はいくらか?

いやいやそれより、自分の資金はいくら持っているのか?

いくら借りたらいいのか?

その前にいったい今の自分で借り入れは出来るのか、で
きるとしたらいくら出来るのか?

保証人は必要か?いや無担保無保証だったらいくら借りれる
のか?

などなどどれがニワトリでどれが卵かさっぱり分からないアリ地獄
状態に陥ります。

その結果、少予算で、出来る範囲のことをしよう!
という結論が出ます。

しかし・・・・


私はそれは基本的に間違えだと思います。


以前にも言いましたが自分が生活して少しばかりの自由に
なるお金ができるのはおよそ100万円のキャッシュが持てた
ときです。

したがって少なくとも自分の給料と店の利益と事務経費を
含めて売上から100万円抜ける見通しが立たない計画は
やめるべきです。

大雑把に言って家賃が坪3万円で20坪の店をしようとする
時、ざっと60万円の家賃をまかなえる売上は400万円です。

20坪で400万円ですよ、一般的には売上目標は坪数×150万
ですので、300万円です。

そうするとプラス100万円余計に必要なのです。
したがってこの計画はかなり危ないということです。


そもそも家賃の目安は売上の15%ですので
その計算からしてもやはり400万円は必要なワケです。

一般的な開業計画の立て方はこの計算式ですので
家賃が坪3万円のところでの営業をしようと思うとなんらか

のメリットにより普通よりも30%は多く売上が発生しないと
いけないということです。

開業計画を知っておくとこんな計算が瞬時に出来ます。
したがってムリな開業計画は立てなくていいのです。

とすると、都内の中心地の立地にいいところはほとんどは
坪3万以上しますので、いったいホントに儲かっているのだ
ろうかと思いますよね。

実は実際に坪3万円以上支払っているところの半分以上は
赤字、もしくは儲かってないのでやめたいのです。

それが現実です。

個人で開業するときには開業計画は本当に必要です。

そして専門家の本当の意味でのアドヴァイスも必要です。
ちなみに私のところにいらっしゃる開業希望者の80%は

今のままではやめたほうがいい方です。

もちろん例外や私の予測が外れることはあります。
今のところそれはほんの5%くらいに過ぎません。


あなたがその5%に入る自信があるなら私のところに
こないほうがいいでしょう。

でもどのくらいのリスクか知りたい方、リスクを軽減する
方法を知りたい方(ただし私のアドヴァイスを90%は聞いて
くれないといけませんが)、お問い合わせください。

お待ちしています。


【開業計画書 売上 売上計画】
<a href="http://www.1menu.jp/school.html"><img src="http://www.1menu.jp/school-img/banner_school.jpg" alt="スクール開講" width="504" height="150" border="0"></a>

posted by 松本和彦 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 資金調達計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

「己を知る」店舗に付いて

「己を知りて敵を知る」のまず最初は「己を知る」の中の「ヒト」「モノ」

  「カネ」の

  1、「経営者自身を知る」

  2、「従業員を知る」

  「モノ」の

  3、「商品を知る」

  でした。

  その4の今回は「モノ」の中の「店舗」についてお話しします。

  
  「店舗」には内外装、厨房などがあります。

  さて、飲食店にとって「良い店舗」とはどんな店舗でしょうか?

  
  「デザイン性の優れた店舗」でしょうか?

  「使いやすい店舗」でしょうか?

  それとも?????



  私は店舗を考えるときにすぐ思い起こす「モノサシ」は「5つの価値
  観の法則」です。


  お客様=経営者=従業員=立地=店舗=商品です。
  この5つの価値観がひとつになって初めて良い店ということなのです。


  と言うことは店舗は経営者の価値観にも合致していて、その地域のお
  客さまにも喜ばれ、従業員も働きやすい店舗ということになります。


  まずは自店のターゲットとするお客様が「価値あり」と思う店舗が良
  い店舗です。



  ターゲットのライフスタイルをしっかりとつかんで、その方々が「こ
  れは感じがいい」と思える店つくりがいいのです。


  
  同時に経営者自身のセンスにも合っている。そして厨房も使いやすい。
  そして建築コストも安い、こんな店舗が理想です。


 
  なかなか難しいとおっしゃるかも知れませんが、実際に難しいのです。



  失敗する人はまずここが欠けています。



  いくら商品が良くてもサービスが良くても儲からない店舗がたくさん
  存在します。

  
  そんな店舗はどうすれば良いかって?


  答えはズバリ、そこを引き払うことです。


  実は私は最初経営した店はファッションビルの中にありました。
  席数(64席)も家賃(19万円)も設備(すべて無料貸し出し)も


  すべて整っていたのですが私の価値観と合っていませんでした。
  したがってたった8ヶ月で他の場所ひ移転しました。


  
  それが正解でした。



  そこであの幻の店と言われた?「タヴェルナ ヴェルデ」の成功に至
  ったのです。

  
  早かったあの決断が功を奏したのです。


  価値観が合わない営業ほどつらいものはありません。

  せっかく独立開業するのでしたら自分のすべてが出せる環境で自分の
  能力を試してみたいですよね。

  
  “損切り”は大いにしていいのです,



  それもなるべく早いうちに!




  <a href="http://www.1menu.jp/school.html"><img src="http://www.1menu.jp/school-img/banner_school.jpg" alt="スクール開講" width="504" height="150" border="0"></a>
posted by 松本和彦 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業計画1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

飲食店メニューの作り方1

【商品コンセプト】
 


商品のことを論じる前に「メニュー」についてちょっとお話しします。

まず、『メニュー』と一口に言ってもメニューには3種の意味があります。


1つはメニューブックのこと。

2つ目は商品そのもののこと。

3つ目は商品のカテゴリとアイテム、すなわち商品構成のこと

その3つを世間では単に「メニュー」の一言で済ましています。
したがってこの「このメニューは良い」のことがいったい商品の

ことなのかそれともメニュー構成なのかメニューブックなのか
分からないことも多くあります。

私もコンサルティングをしながらいつも惑わされるのでいちいち
「それはメニューブックのことですか。それとも商品が良いので
すか、それとも構成が良いということでしょうか?」と確認しなが
ら進めています。

本当にややこしいのです。


前置きが長くなりましたが、ここからはその「メニュー」について
三つの中を一つづつご説明します。


まず一つ目のメニューブックですが、その形状、写真を載せるの
か載せないのか、(文字メニューにするかどうか)を決めます。


ここで注意したいのはこのメニューブックのデザインで売上げを
左右する業態がありますので高いからといってメニューブックの
制作費をケチると売上げそのものも上がらないことがありますの
で気をつけてください。

デザイン性があって写真がなくてはならないのがファミリータイプ
の店です。

誰もが一目でその店の価値が分かるような、「見ていてよだれが
でるような」メニューにしなくてはなりません。

ダイニングは逆にお客様に想像していただくために文字メニュー
にしたほうが良い場合があります。

ダイニングの場合、料理そのものよりも雰囲気のたのしさ、もてな
しが重要視されます。

だから料理そのものの写真よりも店内の写真やサービスを重視
した告知方法がよいでしょう。

したがってダイニング系ではあまり写真メニューの必要性はあり
ませんが、デザインセンスの良さは逆に問われますのでダサイ
メニューはやめてください。

形状はファミリー系は大きく、オトナ系は小さくが基本です。



次に商品ですが、これはまずカテゴリ分けから始めます。

カテゴリとは分類のことで、例えばサラダ、デザート、ごはんもの
といった風に分けられます。

余談ですが売れるメニュー作りのためにはこのカテゴリをなるべく
増やした方がいいのです。

私は一品しかないカテゴリをいくつも作ったりします。

例えば「もつ煮込み」とかです、ただしオプションで「ドカねぎ・・50円」
とか「卵の黄身・・・50円」という風につくります。

そうすると注文数が増えるのです。

これはお客様が料理を選ぶときにカテゴリごとにストップして、注意
深く見直すためです。

大事なことを言い忘れましたが、メニュー構成には必ずストーリーを
考えてくださいね、「感動ストーリー」です。

これは、どのような流れで商品を注文していくとこの店の価値が一番
分かりやすいか、感動を持ち帰ってもらえるか?

これを第一に考えてください。

そのためにはメニューの構成もさることながら演出も必要です。
「びっくりするような出し方」「ワクワクするような物語」が商品にも
欲しいのです。

「長年苦労して苦労してやっと出来たのがこのもつ煮込み」とか
「生産者の皆さんの努力が実った野菜」とか、料理の盛り付けや
味以外でも感動を呼ぶことが出来ればそれをすべて書き込んで
いくのです。

そのメニューを見終わったら上等な推理小説を読んだ後のような
ワクワクする気分になってこそいいメニューと言えましょう。

これがメニューの中の「商品構成」についてです。


つづく


posted by 松本和彦 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品計画・コンセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

敵を知りて己を知る

  「己を知りて敵を知る」のまず最初は「経営者自身を知る」ということで
  した。


  前回は「従業員」でした、これでヒト、モノ、、カネのうちヒトについて
  はかることができました。

 
  今回はモノについてです。

  
  「もの」とは商品、サービスのことです。


  1、自店のUSP(ユニークセールスプロポジション)が何なのか?

  2、それがどういった利益を顧客に及ぼすのか?
  3、それは現在のトレンドに合っていますか?
 

  そういったことを知らないと現在の確率戦において戦いには勝てません。
  あなたが今後やろうとする店のUSPは何ですか?


  その商品、またはサービスが時代にマッチしてたものであり、なおかつ
  美味しい、楽しいものであればたいていは成功します。


  しかしもしそれがない場合や、あってもたいした差別化が出来ないとき、
  また時代にそぐわないとき、店は流行りません。


  あなたの出そうとしている店の商品は誰に対して、どんな価値を生み
  ますか?


  そしてその商品、サービスは現在の成長期の中でどの地位にありますか?
  成長カーブを使って調べてみてください。


  いまの時代とマッチしているというときにいよいよ売り出すのです。


  「作れるからはじめる」といった「プロダクトアウト」的な発想は
  やめて、今思う商品に決定的な特徴がなければでっち上げてください。


  でっち上げたものを形にしようとするとき、


  そのときに本当のあなたの能力が発揮され、


  「特徴のある商品」


  いわゆる「USP」が完成します。


  <a href="http://www.1menu.jp/school.html"><img src="http://www.1menu.jp/school-img/banner_school.jpg" alt="スクール開講" width="504" height="150" border="0"></a>

posted by 松本和彦 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業計画1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敵を知りて己を知る2

  経営者は自分の価値観をしっかりと築いて指針を示さなければならないと
  書きました。


  今回は従業員のことについて話をします。


  どんな従業員が良いのでしょうか?

  また、どんな従業員になってもらうためにどんなことをすべきでしょうか?


  私はまず、会社としての指針を示し、それを理解してもらうことだと確信
  しています。

  では『会社の指針』とは何でしょうか?


  一般的には「会社の理念」「社訓」のようなものです。

  
  最近多いのは『クレド』と言って会社の指針を何項目にも渡って説明して
  ある文書を作ることが多いです。

  『クレド』とはラテン語で『信条』という意味です。


  有名なクレドはあのリッツカールトンのものです。


  この『クレド』欲しさにわざわざ大阪リッツカールトンに2万円もかけて
  泊まりに行った人が多いと言うことで話題になったあれです。


  お客さまに関して、ご挨拶に関して、事細かに指針が示されています。
  すばらしい内容です。


  でもリッツカールトンが良いのは、これを使って毎朝「ラインナップ』と
  称するミーティングを行っているところです。


  出勤時間がバラバラなホテルでのミーティングはなかなか出来ないことで
  すが、毎日やっているそうです。

  そして、このクレドの中の一部を毎日話合っているそうです。
  この『毎日使う』ところがすばらしいところです。


  したがってよい従業員にするにはこの「会社の指針」を理解させること
  がまずは大切なことです。

  そして、わかっていても毎日それについて深く理解することです。


  これが良い従業員に育てる第一歩なのです。


  <a href="http://www.1menu.jp/school.html"><img src="http://www.1menu.jp/school-img/banner_school.jpg" alt="スクール開講" width="504" height="150" border="0"></a>

posted by 松本和彦 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業計画1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。