2008年06月04日

飲食店開業 『敵』の居場所=市場を知る

  
  飲食店開業 における『敵』とは?

  「己を知りて敵を知る」のまず最初は「己を知る」でした。

  次は「敵を知る」です。


  前回は「飲食店の敵はお客様だ」と過激なことを言いました。

  (あくまで比喩です、ご承知おきください)


 
  今回は“敵”の居場所=戦場についてお話しします。
  お客様の居場所=営業範囲ですがおよそ

  
  『移動時間15分以内』


  これがおおよその目安です。


  もちろん客単価によっても違いますし郊外と都会でも違いますが、一応の
  目安です。(客単価が高いほど広い)


  この範囲が地理的市場範囲です。

  
  ここがいわゆる『戦場』となるわけです。


  まずはこの中身を徹底的に調べましょう。

 
  1、競合する店はどこか?

    この場合商品ではなく動機、客層、単価、売上規模で見てください、
    よく商品が同じところだけを競合店だと捉えている経営者が多く、こ
    れは間違いです。

  2、地形の特徴は?

    道路はどこに集まりへ向かっているか、何時にどこが込むか?
    
   

  3、ターゲットとする顧客が居そうな場所はどこか?


  4、どんな企業があるか?


  5、ターゲットが居るところはどんなところか?
    ビルかマンションか一個建てかそれとも工場か。


  6、どんな産業に従事している人が多いか?
    (以上は地域経済総覧に載っています)

  7、どんな特産物があるか?
    (まずそれを使うとウケること間違いナイ)

  8、出身有名人は誰か?


  9、小学校、中学校の行事予定


  10、地域活動の予定・・・祭り、


  
  他にも徹底して調べて一見「しょうもなぃ」と思えることもすべて
  把握しましょう。


  何かつかめます、地域の方、ターゲットに”刺さるコト”が


  私は尾道出身ですが、尾道では映画監督の大林信彦監督の話題を出す
  とみんな飛びついて来ました。

  監督の映画のポスターを貼る、一緒に写真を撮る、関係本を置くなど
  して観光客が思わず「大林監督とお知り合いなんですか?」と聞かれ

  るようにしておくと何かと話題になって人(お客様)の記憶に残り、
  再来店につながるのです。


  「この町は隅から隅まで知っている」という人も、もう一度見直して
  みてください。


  必ず儲けのヒントが見つかるはずです。


  敵を知ること→市場を調査すること。


  本当に大切なことです。

posted by 松本和彦 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業計画1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『敵』とはお客様のこと


  飲食店開業 の『敵』を知る

  「己を知りて敵を知る」のまず最初は「己を知る」でした。
  次は「敵を知る」です。


   
  ところで飲食店経営 開業による『敵』とはいったいな何か知ってますか?

  
  1、競合他店?
  2、お客様の不満足?
  3、それとも自店自身?
 
  私のマーケティング理論における『敵』とは・・・・・


  実は『お客様』なんです。


  「お客様が敵?」


  おそらく大変非常識でしょう、でもこれが真実です。


  経営とはお客様を知らなければならないのです。


  そしてその弱いところを徹底的に攻撃して倒す(顧客)ことをし
  なければならないのです。


  この理論の証明としてここでいい例を紹介しましょう。


  7年前にマクドナルドが「ハンバーガー半額」として45円でハ
  ンバーガーを売り出しました。


  競合のロッテリアやモスバーガーはしばらくの間顧客を奪われ、
  窮地に陥りました。


  マクドナルドは競合他店を叩けば自店にお客様が来ると思ったの
  です。


  その結果一時期お客様が殺到しました。


  「勝った」と思ったのは一瞬でした。


  でもその半年後、どうなったでしょうか?


  競合店も追随し価格競争なり、お互い儲からない泥沼の戦いにな
  りました。


  競合は企業努力もあって、徐々に立ち直り、マクドナルドはその
  収益性の悪さから再び値上げしなければならなくなりました。

 

  マクドナルドは半額にすることで圧倒的集客をし、他のライバル
  を押しのけて一人勝ちしようとしたのですがその目論見は見事に
  打ち砕かれ、逆にピンチに立たされたのです。

 

  これはライバル店を「敵」だと見誤ったからの結果です。
  成長の時期には「敵」はライバル店でもあったかも知れません。

 

  でも成熟した今では「敵」はライバルではなくて「お客様」なの
  です。

 

  現在の社長の原田氏は敵を「お客様の不都合と自社の不勉強」と
  捉え、徹底してお客様の利便性と自社の成長に力を注いでいます。


  これは正解だと思います、まさに敵は「お客様」と「自社怠慢」
  です。


  要するに他社を見て戦略をたてるのではなく、お客様を見て、自
  社を見て「どうやってお客様にメリットを享受し自社の社員に成
  長を与えようかを日々考えている」ということです。


  成熟期の今日、われわれの敵は他店ではないのです、周りの店が
  閉店したからといって自店にお客さまが来るということはほとん
  どありません。


  いかに自店がお客様に対して「より多くのベネフィット(利益)
  をもたらすか?」にかかっているのです。


  ライバル店の位置づけは、敵であるお客様を打ち負かす(顧客に
  する)ことへのライバル=競合なのです。


  ですから“ライバルに先んじてお客様の支持を得る”


  すなわち常にライバル店の一歩先を行く「魅力的な商品、サービ
  ス」の開発が必要なのです。


  あくまでも「敵」はお客様なのです、徹底して調べ上げ、弱みを
  突いてファンにさせるのです。


  ☆ あなたの欲するお客様はどんなタイプですか?どんなことに
    感動しますか?どんなことに涙しますか?

  ☆ ライフスタイルはどうですか?


  ☆ どこにいますか?


  ☆ いつ動きますか?


  ☆ どんな体系(人数、構成)で動きますか?


  ☆ どういう動機で動きますか?

 
  ☆ どんな雑誌を読みますか?


  ☆ どんな服装を好みますか?


  ☆ 情報はどこから仕入れることが多いのですか?


  ☆ 携帯派ですか、それともPC派ですか?


  ☆ 何に興味をもっていますか?


  ☆ ペット好きですか、犬派ですか、それともネコ派ですか?


  まだまだ知りたいことがたくさんあります。


  こうやって特性を調べていけばいままで気づかなかった「敵」
  の弱みが浮かんでくるはずです。


  そこを一気に攻め落とす、これが飲食店経営における顧客獲得作戦です。

 
<a href="http://www.1menu.jp/school.html"><img src="http://www.1menu.jp/school-img/banner_school.jpg" alt="スクール開講" width="504" height="150" border="0"></a>


  

posted by 松本和彦 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業計画1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。