2009年09月25日

まずは国の機関、政策金融公庫から当たろう

借り入れ計画は、まずはどこに行けばいいのか?そこから始めます。


まず最初は国の金融機関、政策金融公庫に相談してみてください。

ここでは無担保で750万円まで融資してくれるのが一般的です。


とはいっても、すぐに貸してくれるわけではありません。

しっかりとした計画が必要です。用紙は公庫が持っていますのでそれに記入しますが



いつも引っかかるのが、物件についてです。

基本的に物件がほぼ決まっているから貸してほしいというケースで借り入れ申し込みが



発生するようになっています。

したがって物件の仮契約書などが必要です。



ですから、順序として、まずは物件を探し、その物件の仮契約書を持って公庫に行くことに

なりますので、お金が降りるかどうかわからない時点で仮契約をしなくてはならなく、ちょっと

した矛盾がおこります。




計画書戻りますが、実際に、審査官はどこを見るかというと実は本人の「やる気」「知識」「技術」

なのです。



実際お手伝いをしてみると、審査官の主観的な物差しが結構影響します。

「この人は大丈夫か?」というところを見極めるのです。




ここはとにかくしっかりした計画と、「やる気」のほかに飲食業に関する常識的な「知識」

「技術」が必要です。



posted by 松本和彦 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 借り入れ計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。