2008年04月29日

敵を知りて己を知る

  「己を知りて敵を知る」のまず最初は「経営者自身を知る」ということで
  した。


  前回は「従業員」でした、これでヒト、モノ、、カネのうちヒトについて
  はかることができました。

 
  今回はモノについてです。

  
  「もの」とは商品、サービスのことです。


  1、自店のUSP(ユニークセールスプロポジション)が何なのか?

  2、それがどういった利益を顧客に及ぼすのか?
  3、それは現在のトレンドに合っていますか?
 

  そういったことを知らないと現在の確率戦において戦いには勝てません。
  あなたが今後やろうとする店のUSPは何ですか?


  その商品、またはサービスが時代にマッチしてたものであり、なおかつ
  美味しい、楽しいものであればたいていは成功します。


  しかしもしそれがない場合や、あってもたいした差別化が出来ないとき、
  また時代にそぐわないとき、店は流行りません。


  あなたの出そうとしている店の商品は誰に対して、どんな価値を生み
  ますか?


  そしてその商品、サービスは現在の成長期の中でどの地位にありますか?
  成長カーブを使って調べてみてください。


  いまの時代とマッチしているというときにいよいよ売り出すのです。


  「作れるからはじめる」といった「プロダクトアウト」的な発想は
  やめて、今思う商品に決定的な特徴がなければでっち上げてください。


  でっち上げたものを形にしようとするとき、


  そのときに本当のあなたの能力が発揮され、


  「特徴のある商品」


  いわゆる「USP」が完成します。


  <a href="http://www.1menu.jp/school.html"><img src="http://www.1menu.jp/school-img/banner_school.jpg" alt="スクール開講" width="504" height="150" border="0"></a>

posted by 松本和彦 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業計画1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。