2008年06月04日

飲食店開業 『敵』の居場所=市場を知る

  
  飲食店開業 における『敵』とは?

  「己を知りて敵を知る」のまず最初は「己を知る」でした。

  次は「敵を知る」です。


  前回は「飲食店の敵はお客様だ」と過激なことを言いました。

  (あくまで比喩です、ご承知おきください)


 
  今回は“敵”の居場所=戦場についてお話しします。
  お客様の居場所=営業範囲ですがおよそ

  
  『移動時間15分以内』


  これがおおよその目安です。


  もちろん客単価によっても違いますし郊外と都会でも違いますが、一応の
  目安です。(客単価が高いほど広い)


  この範囲が地理的市場範囲です。

  
  ここがいわゆる『戦場』となるわけです。


  まずはこの中身を徹底的に調べましょう。

 
  1、競合する店はどこか?

    この場合商品ではなく動機、客層、単価、売上規模で見てください、
    よく商品が同じところだけを競合店だと捉えている経営者が多く、こ
    れは間違いです。

  2、地形の特徴は?

    道路はどこに集まりへ向かっているか、何時にどこが込むか?
    
   

  3、ターゲットとする顧客が居そうな場所はどこか?


  4、どんな企業があるか?


  5、ターゲットが居るところはどんなところか?
    ビルかマンションか一個建てかそれとも工場か。


  6、どんな産業に従事している人が多いか?
    (以上は地域経済総覧に載っています)

  7、どんな特産物があるか?
    (まずそれを使うとウケること間違いナイ)

  8、出身有名人は誰か?


  9、小学校、中学校の行事予定


  10、地域活動の予定・・・祭り、


  
  他にも徹底して調べて一見「しょうもなぃ」と思えることもすべて
  把握しましょう。


  何かつかめます、地域の方、ターゲットに”刺さるコト”が


  私は尾道出身ですが、尾道では映画監督の大林信彦監督の話題を出す
  とみんな飛びついて来ました。

  監督の映画のポスターを貼る、一緒に写真を撮る、関係本を置くなど
  して観光客が思わず「大林監督とお知り合いなんですか?」と聞かれ

  るようにしておくと何かと話題になって人(お客様)の記憶に残り、
  再来店につながるのです。


  「この町は隅から隅まで知っている」という人も、もう一度見直して
  みてください。


  必ず儲けのヒントが見つかるはずです。


  敵を知ること→市場を調査すること。


  本当に大切なことです。

posted by 松本和彦 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業計画1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。