2008年04月07日

「5つの価値観一致の法則」


     『5つの価値観一致の法則』


  私が一人のクライアント様の開業ののお手伝いをするとします。


  まず最初に頭の中に浮かべるのはこの繁盛のモノサシです。

  それは「5つの価値観一致の法則」です。
  それは何かと言うと、

  顧客、店主、従業員、立地、商品の5つの価値観はお互い一致していない
  といけないということです。

  たとえば1つの商品があったとします、その商品を店主が見て「これは
  イケる」とおもったら、従業員も同じく「イケる」と感じ、地域のお客様
  も同じく「これは良い」と判断した場合は「売れる商品」となるのです。

  これに反して、本来の価値観と違うことをムリしてやろうとすると失敗
  します。 


  たとえばこれまで長年たこ焼きを売っていた人がたまたま
  ガッポリお金を儲けて突然ハイクラスの生活をし始め、高級イタリアンを
  開店したとします。


  どうなるかというとたいてい失敗します。


  地域に合わない自分よがりの内外装、従業員からは「何もしらない」と小
  バカにされ、セレブなお客様からは「センスが悪い」と評され、自分は美味
  しいと思うものが売れない状態になります。

 
  先日も、地方で回転寿司を手広くやっていた企業が突然割烹料理店の大箱
  店を10億近い投資をかけて開店しました。


  結果は大赤字、原因は内容すべてがお粗末なのです。
  料理も接客もひどいのです。(ご本人はそうは思っていないのでしょうけど)
  でも建物は至極ご立派です。


  回転寿司では料理性はあまり関係ない領域だったのに、いきなり懐石割烹
  など、料理も接客もこの世界の本質はわかるわけありません。

  要するに価値観が一致しないのですお客様と料理、接客、器、建物が。

  外部のものを入れて一流を揃えたつもりでも大抵は何かヌケがあるのです
  そこをお客様は敏感に感じ取ります。


  少しばかりお金が入ったから贅沢な暮らしと好きなところへ行ける経費が
  使えるようになって高級店に行き勉強したからといって、長年の間に身に
  ついた価値観は到底ぬぐい去れません。

  まだまだモノを見る目が未熟なのにそんなに背伸びしたものだから、お客様
  に見透かされてしまうのです。

  
  だから自分の価値観に合った土地・建物、商品・サービスで従業員さんも同
  じ思いとセンスをもち、その価値観がピッタリと一致するお客様が多い地区
  で営業すること、それが大切です。

  これが「5つの価値観一致の法則」です。

<a href="http://www.1menu.jp/school.html"><img src="http://www.1menu.jp/school-img/banner_school.jpg" alt="スクール開講" width="504" height="150" border="0"></a>
 
posted by 松本和彦 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業計画3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

開業計画書3 内部環境

  開業計画書3

  「内部環境分析」(自社分析)


  外部環境分析から「ここの市場の隙間はおいしそう」というところを見つけたら
  その市場に打って出るだけの自社に資源があるかどうかの確認が必要です。

  孫子の兵法に「敵を知り、己を知らば百戦危うからず」という一説のとおり、敵
  (外部環境)を分析したら自社の人、モノ、カネがどれだけあるかを調べます。


  内部環境分析とは

  企業が自社でコントロールできる範囲を分析することです。
  そして自社の強み、弱み、その変化とトレンドを把握することです。


  具体的には

  1、経営資源の

    経営者、従業員、などの人について

    設備、土地、などのモノについて

    資金等のカネについて

    以上について充分に満たされているか、そうでない場合どうやって克服するか
    分析します。

  2、経営戦略

    事業戦略、製品ポートフォリオ(どの商品がどれだけ売れているか)を分析します。


  3、業績

    財務3表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)を分析します。


  これらを分析したものが内部環境分析です。

  「この市場が空いているから打って出よう」というときに「社長、うちにはそこで勝負する
  だけの技術がありません、センスも金も・・・・」というケースも多々あります。

  社長は使える経費で高級店ばかり行っているからどうしても高級な単価の高いもの、
  高級な食材を使いたくなるのです。

  でも今までやってきた店は大衆相手の安いものしか使ってない場合、いままでとは
  使う食材も接客技術も、ましてや接客する人間の質も違ってきます。

  それでも「いや真似をするだけでできるじゃないか?」ということで出店するケースが
  多く、そこで討ち死にするのを何度も見ました。

  「己を知る」ということ、大切です。


  4月19日(土)、20日(日)は私の2日間開業計画作成セミナーです。

  
http://www.1menu.jp/school.html

  今まで95%の成功率の事実をお確かめください。

  

  4月15日(火)は松本和彦の"幸せに儲けるセミナー”です。
  「これから流行る7つのコンセプト」の2008年バージョンを公開します。

  インサイダーだから知っている「来年流行る業態」をチェックします。
  これから出店しようとする方は必見です。
 

    http://www.1menu.jp/seminar/index.html



<a href="http://www.1menu.jp/school.html"><img src="http://www.1menu.jp/school-img/banner_school.jpg" alt="スクール開講" width="504" height="150" border="0"></a>
posted by 松本和彦 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業計画3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。